電力会社を切り替えるメリットを考える

電力が自由化されたことで、これからは一般の家庭でも電力会社を自由に選べるようになりました。

 

現在契約している電力会社から切り替えることで、今までになかった競争が起きて、サービスが向上し、各電力会社は他社との差別化をはかろうと、独自のプランを開発しています。
電力会社を切り替えるメリットとして、月々の電気料金が安くなり、一戸建て3人世帯の場合、月々500円程度安くすることも可能です。

 

また、ガスと電気や、インターネットと電気などさまざまなサービスと組み合わせたセット割によって、基本料金を安く抑えることも可能です。
そのほかにも、自分が使う電気が、どうやって作られたかが気になる人なら、電力の仕入れ方法の表示も義務化されているため、地元で発電された電気や、環境に配慮した電気など、発電方法によって電気を選択することも可能になります。

 

ただ、電力自由化は、メリットだけではなく、デメリットも考えられます。
従来の電気の契約というと、自動的に地域の電力会社と契約を余儀なくされていたため、契約期間という概念がありませんでしたが、電力が自由化されたことで、契約期間などの縛りや解約違約金などを設定している企業もでてきています。

 

多くの場合、うまく利用すれば電気料金を下げることができますが、契約期間が設定されているため、好きなときに解約することができないなどのデメリットが生じる場合があります。

 

また、生活環境や家族の人数が変わることで、契約した料金プランが生活スタイルとあわなくなり、価格が上がってしまうケースも考えられます。

そのため、料金プランを選択する際には、1~2年程度先を見越しておくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>