イーサリアムで取引すれば必ず売買取引が成立します

ビットコイン取引所を運営するビットフライヤー社によると、イーサリアムは、約700種類発行されていると言われている仮想通貨のなかでは、ビットコインに次いで第2位の時価総額となっているようです。

 

また、仮想通貨全体の時価総額は、2016年4月時点では約8600億円ですが、そのうちビットコインの時価総額が約7000億円で、次いでイーサリアムの時価総額が約830億円となっている模様です。したがって、イーサリアムの仮想通貨としての存続性や、今後の実体経済における利用価値は高まっていくものと想像できます。

 

また、イーサリアムはビットコインと比べて、信頼性の高い仮想通貨と言われているようです。具体的には、ビットコインもイーサリアムも、ブロックチェーン技術を用いて不正改ざんを防止する仕組みを構築できています。

 

イーサリアムの場合は、さらに台帳に契約の情報を記録して管理しているようです。ビットコインとの大きな違いは、イーサリアムの場合は、単なる「通貨」として流通するのではなく、取引に用いられるときには、その契約内容が台帳に記録されることで、強制決済が可能となる点が挙げられます。

 

つまりイーサリアムを用いて売買取引をする場合には、債務不履行は発生しないということのようです。例えば、ビットコインを使って売買取引するときには、期日までにビットコインで決済しなければ債務不履行が発生します。イーサリアムの場合には、債務不履行は発生しない仕組みが構築されていることが、特徴となっているようです。

 

なお現在、イーサリアムを日本円で購入できる取引所は、コインチェック(CoinCheck)という取引所のみとなっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>