リップル(Ripple)の将来性はどうなのか

リップル(Ripple)を説明する上で外すことができないことが、ブリッジ機能と呼ばれるリップルの通貨であるXRPを使用する機能についてです。このブリッジ機能がかなり便利だということから、最近リップルの評価がどんどん上がっているというくらい便利な機能となっています。

 

このブリッジ機能がどういった機能なのかといえば、ブリッジつまり日本語に訳すと橋という名前からも想像が付くように、さまざまな通貨との橋渡しを行う役割を持つ機能のことです。つまりXRPを中間通貨として利用することで、円からドルやドルからユーロといった他通貨への両替が簡単にできるようになるのです。また実際の通貨だけではなく、ビットコインなどの仮想通貨と交換をすることも可能になっています。

 

その両替や交換も素早く行うことができるので、日本からすぐにドルで振り込む必要ができたときなども、インターネット経由でネットの中だけで振り込みを完結させることができます。このような利便性に将来性を感じたからこそ、googleなどの大企業がリップルに出資を始めたのでしょう。

 

現状ではリップルは市場の規模としてはまだまだビットコインなどには及んでいませんが、google以外にも日本でも大手の銀行がリップルのシステムを使用することを表明していたりと、将来性はかなりありそうです。こういったこともあり実際に株価もどんどん上昇傾向にあるので、投資目的で利用してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>