ビットコインより採掘の面倒がないライトコインは国内での取引購入場所は1つしかないので海外での口座開設も検討しよう!

ライトコインは2011年に開発された仮想通貨で、ビットコインとは違って考案した人がきちんと実在するので、取引システムも綺麗に整備されています。
又、ビットコインが持ってないメリットとしては、ソフトウェアで送金した記録をブロックチェーンに保存できるので、決済記録をいつでも取り出して証明できる点や送金先への着金速度も2分と大変早い点です。

 

しかし、このメリットは第2の仮想通貨であるイーサリアムでも十分カバーできるので、なるべく事前にライトコインとの機能の違いを比較して把握しておくのが望ましいです。
ライトコインは第4の仮想通貨と言われている通り、ビットコインよりも世の中に埋まっている貨幣の数が多く、難易度が高い採掘作業を必要としない利便性の高い仮想通貨と認識されているので、やや価値に欠けるのが弱点です。

 

ですが、特段に複雑な取引や新たな貨幣の開拓を必要としない故に、女性でも取り扱いやすい仮想通貨と言え、将来に渡って長くビットコインの代用として役に立つ事は間違いありません。
ちなみにライトコインは最近まで海外でしか主に購入取引できなかったですが、近ごろ漸く複数の仮想通貨を取り揃えている国内随一の取引所であるコインチェックでの流通が認められるようになりました。

 

ただコインチェックでは2017年から新たにライトコインの取り扱いを始めたところなので、まだ豊富な取引がされておらず、慎重に投資を検討する必要があります。
もしリスクが低い投資取引を第一に考えるなら、ポロニエックスなどの海外で実績が高い仮想通貨の取引所に口座を開設するのも有りですので、ライトコインの将来の展望もこまめに予想しながら取引する所を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>