手堅く資産運用をするなら個人向け国債を購入

資産運用というものは一般的にリスクを伴います。

大幅に利益をあげられる可能性もあれば、元本割れを起こして損をしてしまうかもしれません。

 

そこでリスクを最小限もしくは全くリスクがない状態で安全に資産運用をするのであれば、「個人向け国債」への投資がお勧めです。

 

貯金の半分を投資するとなれば、FXや株式などで大損する訳にはいかないので、元本が確実に保証されていて利子を受け取れる国債を購入します。

国債は日本政府が発行していますので、民間の企業よりも信頼度は高いです。

 

個人向けの国債にも種類がありまして、新窓販国債は市場においていつでも売却できるという利点はありますが、売却損が出ることもありますし元本割れの可能性もあります。

初めて資産運用をするケースやリスクの少なさに重点を置いているなら選択をしないほうが賢明です。

 

変動10年および固定5年そして固定3年という国債の場合は、元本は確実に保証されていますし定期的に利子を受け取れるため、資産運用に慣れていない人でも簡単に取り組めます。

固定の場合は購入時に利率が決まっていますので、満期までにいくら増やすことができるかが予め分かります。

 

それでは少しつまらないということであれば、変動10年の国債を購入すると、半年ごとに金利が変わっていきますのでチェックをする楽しみが増えます。

そして、貯金の半分を投資するとなれば現金が必要になることもありますので、第2期利子支払日以降であればいつでも中途換金できるため安心して投資できます。

 

最もリスクの少ない資産運用は国債

 

日経平均が回復傾向にあるとはいえ、いまだに日本経済は終わりの見えない不況に苦しめられています。

頑張って働いても収入を増やすのが容易ではない現代、少しでもお金を増やすためには「資産運用」が欠かせません。

 

自分のお金を単に自宅に寝かせておくのではなく、社会の中で活用してできるだけ多くの利益を狙うのです。

 

しかし、どんな資産運用にも必ず失敗のリスクは付きまといます。

株式取引やFXは誰にでもできる資産運用として有名ですが、一晩で何百万円もの損失を出してしまったという話も多く、やはり素人が興味本位で首を突っ込むのは危険です。

 

安全確実な資産運用をお望みであれば、「国債」がお勧めです。

 

国債とは、公共事業などの資金を調達するために国が発行する証券のことです。

国債を購入すれば、持っているだけで半年ごとに利息を受け取ることができます。

 

定期預金に似ていますが、国債は銀行ではなく国が保証している金融商品なので信頼性がきわめて高いという魅力があります。

国の財政が破綻するほどの事態が発生しない限り元本割れはありませんし、銀行預金よりも利率が高く資産運用に最適です。

 

ちなみに国債は、お近くの金融機関の窓口に行けば簡単に購入できます。

ただし、満期までの期間が3年もの、10年もの、金利が固定されているもの、変動制のもの、様々な種類があります。

 

それぞれの商品の特徴をしっかり把握して、自分の資産運用に最適な国債を選択してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>