クラウドバンクの評判ってどうなの?

私が実際に行っている資産運用はネット投資信託

 

tousiこんにちわ。

今日は、初心者さんにオススメの資産運用についてお話したいと思います。
といっても私もまだまだ初心者なのですが(笑)、私の場合5年程前に国債を始めたのが資産運用のスタートです。

 

定期よりも金利が高いと知り、当時は確か1.0くらいだったので5年モノの国債を購入しました。
その後国債の金利も銀行の定期もどんどん下がってしまいました。

 

私もネットバンクの1年ものとか6ヶ月とか短いので繋ぎながら金利が上がるのを待っていたのですが、その様子がないので、3年ほど前からスタートしたのが「ネット投資信託」です。

 

私は自分で株価をチェックしたり、その売買の見極めを判断するのは難しそうだと思ったので、プロにお任せして月々1万円の積み立てをしています。

バランス型のファンドでプロの方が国内外の株などをいろいろ混ぜて購入してくれるのです。

振込みの必要もなく毎月指定の銀行から引き落としがかかるのでこちらは何もせずに時々ネットで確認するだけでOKです。

 

それでどのくらい利益が出るのかというと、3年間で36万円分の投資をして出た利益は11万円程です。
36万に対してプラス11万というのはかなり割りがいい投資といってもいいのではないでしょうか?

 

勿論投資信託というのは定期や国債と比較してハイリスクハイリターンの商品です。

しかし株の銘柄を自分で選んで購入するよりは一点集中型ではないのでリスクは低いと言えます。

 

それに今は低金利の時代なので定期では全然利息はつかないし、日本の国債はランク落ちしたばかりなのでオススメは出来ません。

 

今は、アメリカなどの海外不動産に投資信託経由で購入するのが良いと思います。

 

クラウドバンクの魅力とは何か

 

crowdbank_jp近頃多くの業界で「クラウド」と呼ばれるサービスが普及しています。

 

クラウドとは、日本語に訳すと「大衆」のこと。

 

不特定多数の人材に業務を委託する「クラウドソーシング」という仕事の形態があるように、たくさんの人たちがインターネットを通じて特定のサービスを共有することのできる時代になりました。

 

そして今やクラウドサービスは金融の世界でも活用されています。

 

企業・団体がオンラインで投資を募る「クラウドバンク」により、小規模のグループでも容易に事業資金を調達することができます。

 

 

クラウドバンクは単なる寄付ではありませんので、投資家は一定期間ごとに配当を受け取ることができます。

 

元本保証はありませんが、株式のようにある日突然暴落して大損失を被るようなリスクは低く、その上銀行預金より圧倒的に優れた5%以上の利回りも見込めるため、リスクの少ない資産運用として大変重宝されています。

 

クラウドバンクには少額投資から大型投資まで多岐に渡る金融商品が揃っていて、自分の資産や投資計画に合わせて自由に選べる魅力もあります。

社会的信頼性のある証券会社がサービスを提供しており、初心者の方でもすぐに投資を始められます。

 

実際、海外ではクラウドバンクが20億ドル以上の経済効果をもたらしており、今最も注目されている投資市場と言っても過言ではありません。

 

興味のある方は、まずクラウドバンク公式ホームページにアクセスして少額投資から始めてみてはいかがでしょうか。

 

新しいクラウドタイプの投資方式

 

今、世界中で様々な物がクラウド化して、サービスを提供しています。
データ管理やタスクワークなどを始めとして、現在では投資事業もクラウド化されているようです。

 

このクラウド型投資は、「クラウドバンク」と呼ばれて今徐々に周知されつつあるタイプの投資です。

 

クラウドバンクは、通常の投資信託などと違った特徴として『投資目的が見える』ということがあります。

 

「○○というプロジェクトで××円必要なので、投資が必要です」のような、投資されたお金の使い道がしっかり写真付きで明示されてたりします。

 

その投資希望に対して「利益が出そうだ」と感じた複数の投資家が、希望額まで少しづつ投資をしていくという物です。

このタイプの投資では、非常にリスクを抑えることが出来ます。

 

投資の使用目的が見えているため、自分の知識と照らし合わせることでそのプロジェクトが成功するか失敗するかの判定がしやすいからです。
株式投資というのは「会社に対して」投資をしますので、その投資されたお金が会社内でどのように使われるかは知ることが出来ません。

 

しかし、クラウドバンクの方式でいえば、プロジェクトに対して投資するわけですから他のことには使用されることが無いわけです。

 

これは、投資をする上では非常に大きな違いです。

まだまだ始まったばかりの投資で、全面的に信用するということは得策ではありません。

 

利回りが良く少額からでも投資が可能ということもありますから、まずは余剰金などのごく少額を投資してみることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>