投資信託が株投資等の資産運用より優れている点

老後の人生設計を考えた場合、将来貰えるはずだった年金の支給される割合も昔に比べて少なくなり、これからますますその傾向が進むことを考えられます。

今後は如何に自らで資産を運用していくかということの重要性が、以前に比べて高まってきていると言えるでしょう。

 

兎に角リスクを避け、元の貯金額から少しでも減らしたくないと考えるなら、銀行などに預金しておくのが無難な所ですが、預けておくことで手に入る利息は雀の涙程度なのです。

それだと預金当初よりも日本円の価値が下がってしまったりすると、相対的に資産が目減りしていることと同じになってしまいます。

 

そうした日本円だけを抱え込む事のリスクを回避したいのなら、別の資産運用の方法として投資信託をするという手があります。

 

投資信託はプロのファンドマネージャーに資産を預けて運用して貰う方式なので、個人で株投資をする場合に必要になってくる知識や、それに費やす時間や手間を必要としません。

 

「あまり株に詳しくない」といった方でも気軽に始められますし、普段の生活の中で資産運用の事を気に留めるリソースを割きたくないといった方にもお勧めの資産運用法です。

 

 

ただプロに任せると言っても、状況によっては資産が減ってしまうという事も十分に考えられるので、どこにどう資産を運用しているのかといったことはある程度把握しておきます。

 

「運用報告書にはキチンと目を通しておく」等、最低限のことは把握しておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>