カテゴリー別アーカイブ: 損しない安全な資産運用のコツ

マネパカードを使えば両替は簡単にできる

マネパカードは、あまり利用している人は多くありませんが、他のカードにはないメリットを持っています。マネパカードを使うことによって、ビットコインの両替を行えます。少し前に、プリペイドカードでビットコインを両替できると言われましたが、マネパカードは海外でも使えるカードですから、非常に多くの場所で使えるカードとして定評があります。

 

しかも両替をすることにより、様々なサービスに使えるので、ビットコインに変えられるカードは貴重となっています。

 

これは、ビットコインと提携している会社を経由することで粉得るのです。マネパカードは、ビットコインの取引所と提携しており、取引所を経由することでしっかりとビットコインに交換できるのです。両替も簡単にできる仕組みとなっているので、サイト上で手続きをすれば色々とできるのです。マネパカードを持っていれば、ビットコインのサービスは膨らむことは間違いありませんし、利用できる範囲は大きく広がることでしょう。

 

持っているだけで、ビットコインのサービスを受けられる可能性を持っているなど、メリットが豊富にあることはいいところです。ビットコインは、日本だとまだ使い道が少ないので、一見すると両替をしても意味の無いように思われます。しかし、海外では使えるサービスが多くなっていますし、ネット上にあるビットコインを使えるサービスは多くなっています。持っていることで豊富なサービスに使える良さもあるのです。

ビットコインよりも優れた機能を持つネムの存在。

最近話題のネムは、POLというものを採用しています。POLはProof・of・importanceという言葉を略して呼ばれています。

このPOLを採用することで、無駄な電力を使う事なくセキュリティ面も強化する事ができるのです。ビットコインのように、マイニングでビットコインのような莫大な電力を使う必要がないのは、ネムのメリットとも言えるでしょう。

 

その為、低価格な小型のコンピューターからでも作業を行うことができます。

 

セキュリティの面から見ても、ネムは優秀です。他の暗号通貨には採用されていないEigen Trustと呼ばれるアルゴリズムが、セキュリティの強化になっています。スパム防止にも力を入れており、ネットワークの処理をする力が限界に達した時に、スパムのみをはじく能力を持ち合わせています。この能力は、ネムのみにあるメリットです。

 

ネムが優れている面は、このセキュリティの部分だけではありません。使いやすいようにと改良に改良を重ねた最新の機能を多数持ち合わせています。

その中の一つが、「モザイク」と呼ばれている高機能です。このモザイクは、ビットコインでいうカラードコインと非常に似ているのですが、完ぺきにブロックチェーンで動きます。その為、サードパーティが不必要となります。

 

以上のように、これらの機能は、100パーセントオリジナルで作られています。他の通貨よりも使いやすいようにと改良を重ねているので、ビットコインの欠点もカバーされています。

ビットコインより採掘の面倒がないライトコインは国内での取引購入場所は1つしかないので海外での口座開設も検討しよう!

ライトコインは2011年に開発された仮想通貨で、ビットコインとは違って考案した人がきちんと実在するので、取引システムも綺麗に整備されています。
又、ビットコインが持ってないメリットとしては、ソフトウェアで送金した記録をブロックチェーンに保存できるので、決済記録をいつでも取り出して証明できる点や送金先への着金速度も2分と大変早い点です。

 

しかし、このメリットは第2の仮想通貨であるイーサリアムでも十分カバーできるので、なるべく事前にライトコインとの機能の違いを比較して把握しておくのが望ましいです。
ライトコインは第4の仮想通貨と言われている通り、ビットコインよりも世の中に埋まっている貨幣の数が多く、難易度が高い採掘作業を必要としない利便性の高い仮想通貨と認識されているので、やや価値に欠けるのが弱点です。

 

ですが、特段に複雑な取引や新たな貨幣の開拓を必要としない故に、女性でも取り扱いやすい仮想通貨と言え、将来に渡って長くビットコインの代用として役に立つ事は間違いありません。
ちなみにライトコインは最近まで海外でしか主に購入取引できなかったですが、近ごろ漸く複数の仮想通貨を取り揃えている国内随一の取引所であるコインチェックでの流通が認められるようになりました。

 

ただコインチェックでは2017年から新たにライトコインの取り扱いを始めたところなので、まだ豊富な取引がされておらず、慎重に投資を検討する必要があります。
もしリスクが低い投資取引を第一に考えるなら、ポロニエックスなどの海外で実績が高い仮想通貨の取引所に口座を開設するのも有りですので、ライトコインの将来の展望もこまめに予想しながら取引する所を選びましょう。

リップル(Ripple)の将来性はどうなのか

リップル(Ripple)を説明する上で外すことができないことが、ブリッジ機能と呼ばれるリップルの通貨であるXRPを使用する機能についてです。このブリッジ機能がかなり便利だということから、最近リップルの評価がどんどん上がっているというくらい便利な機能となっています。

 

このブリッジ機能がどういった機能なのかといえば、ブリッジつまり日本語に訳すと橋という名前からも想像が付くように、さまざまな通貨との橋渡しを行う役割を持つ機能のことです。つまりXRPを中間通貨として利用することで、円からドルやドルからユーロといった他通貨への両替が簡単にできるようになるのです。また実際の通貨だけではなく、ビットコインなどの仮想通貨と交換をすることも可能になっています。

 

その両替や交換も素早く行うことができるので、日本からすぐにドルで振り込む必要ができたときなども、インターネット経由でネットの中だけで振り込みを完結させることができます。このような利便性に将来性を感じたからこそ、googleなどの大企業がリップルに出資を始めたのでしょう。

 

現状ではリップルは市場の規模としてはまだまだビットコインなどには及んでいませんが、google以外にも日本でも大手の銀行がリップルのシステムを使用することを表明していたりと、将来性はかなりありそうです。こういったこともあり実際に株価もどんどん上昇傾向にあるので、投資目的で利用してみるのもいいでしょう。

イーサリアムで取引すれば必ず売買取引が成立します

ビットコイン取引所を運営するビットフライヤー社によると、イーサリアムは、約700種類発行されていると言われている仮想通貨のなかでは、ビットコインに次いで第2位の時価総額となっているようです。

 

また、仮想通貨全体の時価総額は、2016年4月時点では約8600億円ですが、そのうちビットコインの時価総額が約7000億円で、次いでイーサリアムの時価総額が約830億円となっている模様です。したがって、イーサリアムの仮想通貨としての存続性や、今後の実体経済における利用価値は高まっていくものと想像できます。

 

また、イーサリアムはビットコインと比べて、信頼性の高い仮想通貨と言われているようです。具体的には、ビットコインもイーサリアムも、ブロックチェーン技術を用いて不正改ざんを防止する仕組みを構築できています。

 

イーサリアムの場合は、さらに台帳に契約の情報を記録して管理しているようです。ビットコインとの大きな違いは、イーサリアムの場合は、単なる「通貨」として流通するのではなく、取引に用いられるときには、その契約内容が台帳に記録されることで、強制決済が可能となる点が挙げられます。

 

つまりイーサリアムを用いて売買取引をする場合には、債務不履行は発生しないということのようです。例えば、ビットコインを使って売買取引するときには、期日までにビットコインで決済しなければ債務不履行が発生します。イーサリアムの場合には、債務不履行は発生しない仕組みが構築されていることが、特徴となっているようです。

 

なお現在、イーサリアムを日本円で購入できる取引所は、コインチェック(CoinCheck)という取引所のみとなっているようです。

ビットフライヤーでビットコインを購入する手順

キャンペーンのプレゼントとしてもらう場合を除いて、ビットコインは通常、取引所というサービスで現金と引き換えに手に入れていくことになります。ビットフライヤーもそんな取引所の一つです。

 

ビットフライヤーでは、ビットコインの購入はもちろん、コインを利用した取引や、ショッピングの利用も可能です。アカウントの作成もとい口座の開設に費用が発生せず、実質無料でサービスの使用が可能となる所に、他の取引所にはないビットフライヤーの良さがあります。

 

ビットフライヤーには利用のスタイルに対応したクラスというものがあり、外部からビットコインを受け取るだけなら、メールアドレスの登録によって行える、スタンバイクラスに加入しておけば当面の問題はクリアできます。受け取ったビットコインを売ったり、新しくビットコインを購入したりとする場合には、電話番号の認証やFacebookの連携をし、エコノミークラスにランクアップを行えばOKです。

 

加えて住所や口座の登録に免許証の写真のアップロードなど、個人情報を充実させていくことで使える機能も増えていきますが、ビットコインを使用したトレードをするつもりがないのなら、最後まで登録する必要もありません。とりあえずは銀行口座の設定で果たせる程度の、手軽に取得できるランクを目指していき、通常の購入から始めていきましょう。

 

ビットフライヤーではログインやチャットの使用に対してビットコインを受け取れる、キャンペーンなども定期的に開催されています。ビットコインに興味を持っているのなら、とりあえずアカウントを作成しておいて損はありません。

ビットコインのメリットと使用する時に注意しないといけないこと

ビットコインの特徴は送金をする際に手数料がそれほどいらないために、利用がしやすい点にあります。また、送金には営業時間を気にしたり、金融機関などを探して送金ということがないので、送りやすくなっているのです。

 

電子マネーとの違いは使用する際に電子マネーの場合には端末などが必要で、そこで決済などをする必要がありますが、ビットコインの場合にはウォレットがあればいいので個人同士でも容易に行うことが出来ます。

 

ビットコインのメリットは手数料が低いために、海外への取引などを迅速に安く送金が行えるので非常に便利になっています。これは海外旅行でも非常に良く、海外に行く場合に利用通過に出国時と帰国時両方で行わないといけないのですが、ビットコインの場合には国内外通貨に関係なく使用できるので交換などが必要なく利用できます。

 

しかしデメリットは普及段階であるために、そこまで多くの所で利用できない点にあるのです。そのために使用する場所を調べてから利用する必要があるために、どこでも使えるわけではないということに注意が必要になります。

 

しかし対応する所も増えているためにオンラインのゲームの決済に利用することが出来る所もあるので、ゲームをする際にも利用することが出来るのです。さらに実店舗での利用も広がっているために、利便性は日々向上しています。

 

ビットコインはグローバルな社会となっているために、あらゆる場面でも利用することが出来、将来性もある通貨となっています。

岐阜県への引っ越しのオススメは岐阜市内

岐阜県への引っ越しとなるといろいろなことを考えると思いますが、やはり都会で便利なのは岐阜市内ということになります。その中でどこのエリアがいいのかということを検討することになると思いますが、オススメエリアとしては六条であり、六条南あるいは六条北あたりはとても住みやすいです。

 

その理由は、コンビニが多いこと、近くにショッピングモールやスーパーがあるので買い物に便利であるということ、そして子供がおられるならば学校もありますし、バスの路線があり、岐阜駅までのアクセスがとても良いこと、そして何かの時に頼りにしたい病院もあります。岐阜の中心地まで近いという利便性は魅力でであり、六条地内は候補に挙げることができます。

 

その他のエリアとしては川北あたりもよく、買い物に便利であることや、きれいな公園やテーマパークなどもあり遊べるところがあります。また本巣はスーパーやコンビニ、ホームセンターなど便利なお店があり、やはり生活しやすいところです。

 

また利便性を考えると岐南町あたりも安心して生活できるエリアになるかもしれません。岐阜県は冬に雪が降ることが多いので、車を使う生活になる場合には、雪の多いエリアを避けるようにすることもポイントになりますので、じっくり考えて情報収集をしてみることは大切ですし、やはりどこに行くにも便利な立地の場所を見つけることが快適な生活には欠かせませんので、検討してみることをオススメいたします。

東京はそんなに怖い街じゃない!…ちゃんと選べば。

地方に住んでいる方にとって、東京は怖い街だ!なんてイメージがあるのではないでしょうか。

確かに東京にはたくさん人がいるので、怖い人の数も多くなってはいるでしょう。

 

しかし、東京の大部分は地方からの上京者によって構成されています。

過剰に怖がる必要はないのです。東京で女性の一人暮らしを検討しているあなたに、私の家探し経験をお伝えします。

 

まず、ネットでの大手サイトを使うと、仲介手数料を余分に取られてしまうのであまりおすすめしません。住みたい街の地元の不動産屋に行くなど、間に入る会社は極力少ない方が初期費用を安く抑えられます。

 

最初は大手のネットサイトで探してもいいですが、よく見ると、その物件を取り扱っている不動産屋の名前が書いてあるのでそちらに直接相談しましょう。

家賃の10%くらいを仲介手数料にしている会社も多いので、無駄な仲介手数料を省くことができます。物件探しの手順としては、まず最初に住みたい街を決めること。

 

繁華街からちょっと離れた駅とか、大きなスーパーが駅前にある少し郊外よりの駅とか、好みに合わせて選べばいいと思います。

繁華街に住むのも楽しいですが、やはりちょっと治安が心配な時もあります。

 

しかし、繁華街周辺の警察はすぐに駆けつけてくれる体制ができているようなので、警察を呼べれば大丈夫という人は問題ないでしょう。住む街を決めてから、その駅の不動産屋さんに相談に行くことがコツです。あとは不動産屋さんに、予算と要望をお伝えして、紹介してもらって決めればいいだけです。

電力会社を切り替えるメリットを考える

電力が自由化されたことで、これからは一般の家庭でも電力会社を自由に選べるようになりました。

 

現在契約している電力会社から切り替えることで、今までになかった競争が起きて、サービスが向上し、各電力会社は他社との差別化をはかろうと、独自のプランを開発しています。
電力会社を切り替えるメリットとして、月々の電気料金が安くなり、一戸建て3人世帯の場合、月々500円程度安くすることも可能です。

 

また、ガスと電気や、インターネットと電気などさまざまなサービスと組み合わせたセット割によって、基本料金を安く抑えることも可能です。
そのほかにも、自分が使う電気が、どうやって作られたかが気になる人なら、電力の仕入れ方法の表示も義務化されているため、地元で発電された電気や、環境に配慮した電気など、発電方法によって電気を選択することも可能になります。

 

ただ、電力自由化は、メリットだけではなく、デメリットも考えられます。
従来の電気の契約というと、自動的に地域の電力会社と契約を余儀なくされていたため、契約期間という概念がありませんでしたが、電力が自由化されたことで、契約期間などの縛りや解約違約金などを設定している企業もでてきています。

 

多くの場合、うまく利用すれば電気料金を下げることができますが、契約期間が設定されているため、好きなときに解約することができないなどのデメリットが生じる場合があります。

 

また、生活環境や家族の人数が変わることで、契約した料金プランが生活スタイルとあわなくなり、価格が上がってしまうケースも考えられます。

そのため、料金プランを選択する際には、1~2年程度先を見越しておくことも大切です。